FC2ブログ

風が集い、落ち着く場所で

どうしようもなく救いのないこの世界を生きていくの だからせめて君のその手を離さない、いいでしょ?

Entries

気づけば前記事から10日たつ。

ほい。最近また少しタルパダチと交流が多くなっている私がいる。

それにしても、タルパとイチャイチャしてる記事を書けば皆羨ましくなってパルパルして励むねー。
って14番さんがいってたねえ。

私も書いてもいいんだがなー。私らは内密にして濃厚な愛を育んで居りますゆえ・・・
記事に書いても恥ずいんですよねー。見せ付けようと思えばトコトン見せ付けちゃうと思います故。

誰かが飛びついてきたら、その時の彼女達の中の優先順位により別の誰かが張り付いたり
全員飛びついてきたりもうワッハッハ(

  「恥ずかしいよなー?」
紫咲「え?書くのは恥ずかしいかも知れないけど、書けないのとは違うわよ?(ニヤリ
   いっその事、「だいこうかーい!」とかやってもいいんじゃない?」

紫水「そーそ、別に減るもんじゃないじゃない?そんな、「「あんなことやこんなこと」」まで
   書く必要は無いんだし。」

紫月「私は~。そうねぇ。見せ付けるのもアリかと思うけど?」
星桜「ふっふっふ♪それも成長の糧となる♪」
想歌「書いたほうが得するんじゃないの?気が向いたら書けばいいだけだし。」
  「なんでみんなそんなに肯定文なんだよあんたらwwこんなの絶対おかしいよ・・・」

紫月「おかしくなんかないです~」
  「紫月が一番さ、公開したくないと思うと思ってたんだが」
紫月「それは、前の私であればの場合でしょ?人は成長するものよ?人生は楽しく生きないとダメでしょ?」
  「ずいぶん強気になったんじゃないですかね紫月ちゃん?」
紫月「そうかしら?前からこうだと思ったけど?ただ、慣れていなかっただけでしょ?」
紫水「すっごいごり押しね。いつにないくらい^;」「だよな、だよな、だよな。」
紫咲「喋る子は育つ!急成長ね♪」
紫月「はぁ~。そんなに喋ってないと思うけど?」
星桜「少なくとも、私達よりは喋ってる^;」想歌「そうそう。」

星桜「そうそう、羽夜くんが彼女達の優先順位でって言ってるじゃない?
   あれは、私達個人が羽夜くんとイチャイチャしていた度合いによって決まるのよね~?」

紫月「そうね。誰かが羽夜くんとイチャイチャしすぎた場合、誰かが剥がして
   一番イチャイチャしていない人が、一番有徳権利を得るのよね~。でも、紫咲お母さんはよく無視するわよね?」

紫咲「な、なんの事かしら~?(♪
   さすがに有利を取りすぎた時には私だって我慢してるわよ!」

紫月「優位を取りすぎた時だけ、でしょ?」
紫咲「あう~^;」

紫水「まぁ、優先順位ってだけで。皆イチャついてるけど。むしろ、イチャつく口実よねー?」
紫咲「た、たしかに^;」
紫月「だーって、切欠を与えないと構ってくれないじゃない?」
  「ま、ぁ確かに。うむ。もっとそっちからアクションしてもらっても良いんだけどな。」
紫水「アクションを起こしても、まだ触感がないから、物たりないんでしょう?もっと触れなさい。感じ取って、ね。」
  「へーい。」




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

羽夜

Author:羽夜
2011.04.12から作成。幽体離脱の避難所でタルパの存在を知る。
絵元:1.望海さん2.匿名3.望海さん

主:割りと話す事が好き。ただ、良くわからんかも
岸田教団:DesireDrive
もうこれを永遠のタイトルにしたい。

紫咲:ハイブリッド。純粋なパチェ。絵左下
紫水:クールで大人びて淑やかなパチェ。嫁。絵右下
星桜:清楚で和やかで艶やかなパチェ。絵右上
紫月:クールで可愛くてシャイなパチェ。照れると凄く可愛い。絵左上

皆、胸は控えめ(疑惑なんてないよ?
詳しくは→プロフ詳細
現在→プロフィール一覧

検索フォーム

右サイドメニュー

ツイッター

最新記事

カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック